ここから本文です

日経平均テクニカル:20000円処を固めつつ、上値を窺う展開に

9月20日(水)18時15分配信 フィスコ

小幅ながら3日続伸。前日の終値を挟んでのこう着となったが、ボリンジャーバンドでは前日までの上昇で+3σ水準まで上昇していたこともあり、過熱警戒感が高まる中での上昇は相当強いとの印象がある。ソフトバンクGのインパクトが大きいとはいえ、結果的には連日で年初来高値を更新している。価格帯別出来高では商いが積み上がっている20000-20200円のレンジを終日上回って推移している。上値抵抗だった20000-20200円のレンジを支持線として固めるなか、次第に15年6月高値(20868円)突破を意識したトレンド形成が期待されてくる。この水準は2000年4月高値とのダブルトップ水準であり、20000円処を固めつつ、この抵抗を捉えられるかが今後注目されよう。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:9月20日(水)18時19分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン