ここから本文です

後場に注目すべき3つのポイント~日経平均は小反落、ソフトバンクGの上昇が想定以上の底堅さにつながる

9月20日(水)12時37分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
アプリクス 466 +1
ビーマップ 1,687 +42
Fリテイリ 36,520 -30
ソフトBG 9,972 +73
20日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。

・日経平均は小反落、ソフトバンクGの上昇が想定以上の底堅さにつながる
・ドル・円は111円49銭、下げ渋り、日本株の底堅さを意識
・値上がり寄与トップはソフトバンクG、同2位はファーストリテ

■日経平均は小反落、ソフトバンクGの上昇が想定以上の底堅さにつながる

日経平均は小反落。0.58円安の20298.80円(出来高概算8億3000万株)で前場の取引を終えた。19日の米国市場は上昇し、NYダウは連日で最高値を更新している。ただし、連邦公開市場委員会(FOMC)の発表を見極めたいとの思惑から上値の重い展開となった。この流れを引き継ぐ格好から20300円を回復して始まった日経平均は、寄付き直後に20323.07円と年初来高値を更新した。

しかし、テクニカル面ではさすがに過熱感が警戒されてくるほか、FOMCの結果を見極めたいとのムードもあり、やや利食い優勢の展開のなか、その後は前日終値を挟んでのこう着感の強い相場展開となった。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1000を超えており、全体の過半数を占めている。セクターでは鉱業、その他製品、石油石炭、証券が堅調。半面、電力ガス、サービス、医薬品、化学が冴えない。そんな中、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>の上昇が日経平均を支える格好となっている。

日経平均は前日終値を挟んでのこう着となっているが、想定内の一服といったところであろう。一方で、ソフトバンクG<9984>が日経平均に対して35円程度のプラスインパクトとなり、日経平均の底堅さにつながっている。とは言え、急ピッチの上昇に対する過熱警戒感が高まりやすい水準としては、想定以上に底堅さが意識されている。下値の堅さがショートカバーを誘い込みやすく、大引け間際のインデックス買い等に表れる可能性もありそうだ。

物色としてはインデックスに絡んだ売買のほか、アップル関連や仮想通貨、選挙、子育てなどのテーマ株での循環物色が意識される。相場全体の先高観が強まるなか、足元で大きく調整していた銘柄や出遅れ感のある銘柄には、リバウンド狙いの資金が向かいやすいと考えられる。

(株式部長・アナリスト 村瀬智一)


■ドル・円は111円49銭、下げ渋り、日本株の底堅さを意識

20日午前の東京外為市場で、ドル・円は下げ渋り。日経平均株価が底堅い値動きとなり、円買いは後退したようだ。

ドル・円は、日経平均が前日終値付近で不安定な値動きとなり、前日みられたリスク選好的なドル買い・円売りは後退。ただ、日経平均は20000円の大台を維持しており、底堅い値動きが続いた。

ランチタイムの日経平均先物は小幅高だが、目先の日本株は前日終値付近での推移が見込まれ、ドルは目先ももみあい継続の見通し。今晩の米連邦準備制度理事会(FRB)による政策決定を控え、動きづらい展開となりそうだ。

12時30分時点のドル・円は111円49銭、ユーロ・円は133円89銭、ポンド・円は150円77銭、豪ドル・円は89円37銭で推移している。

(為替・債券アナリスト 吉池威)


■後場のチェック銘柄

・APLIX<3727>やビーマップ<4316>がストップ高
※一時ストップ高・安(気配値)を含みます

・値上がり寄与トップはソフトバンクG<9984>、同2位はファーストリテ<9983>


■経済指標・要人発言

・トランプ米大統領
「北朝鮮は全世界を脅威に陥れた」
「米国は北朝鮮を破壊することもいとわない」
「北朝鮮に関し、さらなる対応すべき」
「我々は北朝鮮の金正恩政権を孤立化させる必要」
「米国は軍事的行動する準備、いとわず、可能」
「攻撃受けたら、北朝鮮を完全に破壊させる以外に選択肢はない」


☆後場の注目スケジュール☆

<国内>
・特になし

<海外>
・特になし

《HT》
株式会社フィスコ

最終更新:9月20日(水)12時39分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン