ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=ダウ、6日連続の高値更新なるか―利益確定売り増大には注意

9月19日(火)18時09分配信 モーニングスター

 米国株は前営業日、北朝鮮情勢の緩和などでリスクオンが進行。ダウ工業株30種平均は63.01ドル(0.3%)高の2万2331.35ドルで終了し5日連続で過去最高値を更新、S&P500種株価指数も高値を更新した。

 きょう(20日まで)から始まるFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備制度理事会)が資産縮小を決定するとの見方が多い。FOMC直前に高値を更新し続けている点から、この点はほぼ織り込み済み。問題はFF(フェデラル・ファンド)金利見通し(ドット・チャート)やイエレンFRB議長の記者会見を受けての反応となる。

 直近のFRB高官は低インフレが長期化するとの見通しを示す例が多い。早期の利上げ観測も後退しており、こうした点が株価を押し上げている可能性は高い。早期の利上げがないとの思惑が膨らめば、きょうも高値を更新してくることは十分あり得る。当然、高値更新が続くだけに、いったん利益を確定させようとの動きには注意が必要だろう。

 米経済指標は4-6月期経常収支、8月輸入物価指数、8月住宅着工件数、8月建設許可件数。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月19日(火)18時09分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン