ここから本文です

前場コメント No.13 ユニーファミマ、トヨタ、住友商事、大東建託、インベスコなど

9月14日(木)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
大東建 19,895 +300
R-インベスコ 107,000 +1,200
ネットマケ 1,442 -5
トヨタ 6,703 -26
ユニファミ 5,730 ---
★10:51  ユニーファミマ-みずほが目標株価引き下げ 指標面の割高感が課題
 ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028>が反落。みずほ証券では、指標面の割高感が課題とし、投資判断「アンダーパフォーム」を継続した。目標株価を5300円→4950円と引き下げた。
 ドンキホーテHD(7532)との資本・業務提携の最終契約書が締結され、みずほでは、両社グループの規模やノウハウを活かすことで、共同調達・共同販促や電子マネーやポイント販促などの連携が進む可能性に期待。また、新しい時代にあったコンビニエンスストアの進化につながる可能性もあると予想。さらに、サークルKサンクスのファミリーマートへのブランド転換など、経営統合作業が順調に推移している点にも着目。経営陣が進めている改革の方向性も高く評価するとした。

★10:59  トヨタ-野村が目標株価引き上げ 技術力と株主還元により株式市場で再評価へ
 トヨタ自動車<7203>が4日続伸。野村証券では、技術力と株主還元により株式市場で再評価へとコメント。レーティング「Buy」を継続、目標株価を7650円→7700円と引き上げた。
 短期的には米国でのCamry投入効果もあり、7~9月期に8四半期ぶりの前年同期比営業増益を予想。中期的にも、(1)ハイブリッド車(HV)での優位性からディーゼル離れが進む欧州で持続的なシェア拡大が見込め、(2)日本や東南アジア、中近東では高いブランド力やシェアを背景に安定高収益を維持する見通し、(3)HVでのリードや自動運転、EV用電池など次世代技術の積極投資で高収益体質を維持しながら、成長が可能とみられる。台数面で高成長は見込めないが、日・米・アジアでバランスよく稼ぐ高収益体質や自動車業界トップ級の株主還元性向が魅力と指摘。

★10:59  住友商事-続伸 東南アで電子部品組み付け工程を再編へ
 住友商事<8053>が続伸。14日付の日刊工業新聞で、同社が東南アジアでの電子部品製造について、タイからカンボジアへ部品組み付け工程を移管すると報じられた。
 電子機器製造受託サービス(EMS)を手掛ける子会社のカンボジア工場をポイペト市内で2018年末にも移転拡張し、タイ工場から移すという。移転拡張に伴う投資額は約8億円とされる。今後の業績へのポジティブな影響が期待され、買いが入っている。

★11:08  大東建託-3日続伸 不動産オーナー向けにAR活用建物完成図見れる新システムを導入
 大東建託<1878>が3日続伸。14日付の日経新聞朝刊で、同社が新築マンションやアパートのオーナー向けに、AR(拡張現実)技術を使って建物の完成予想CGを実際に予定地に建っているかのように見せる新システムを導入すると報じられた。
 完成物件が実際にどのように見えるかをわかりやすく示すことができ、隣接する建物との位置や日当たりなどをオーナーが理解しやすくなるという。今後の業績への貢献が期待され、買いが入っている。

★11:11  ネットマーケティング-大幅に5日続伸 「Omiai」累計マッチング組数1000万人突破 8月度84%増
 ネットマーケティング<6175>が大幅に5日続伸。同社は13日、8月度月次IRニュース2を発表した。8月度の恋愛マッチングサービス「Omiai」累計マッチング組数は1053万5000人(前期比83.7%増)となり、1000万人を突破。7月は988万2000人(前期比79.7%増)だった。累計マッチング組数は2012年2月のサービス開始以降に成立したマッチング組数の累計。

★11:22  インベスコ-野村が新規「Buy」 懸念払しょくでいよいよ安定運用期へ
 インベスコ・オフィス・ジェイリート投資法人<3298>が3日続伸。野村証券では、懸念払しょくでいよいよ安定運用期へとコメント。配当利回りは魅力的とし、レーティング「Buy」、目標株価12.30万円として、新規カバレッジを開始した。
 大規模オフィスに効率よく投資するため、1棟所有ではない共有持ち分・区分所有権を60%強と多めに保有。運用状態の転換期にあり、(1)大口テナントの埋め戻しなど大きな懸念点を解消した上、資産運用規模が拡大してテナント分散も進み、安定運用が見込めるステージに入った点、(2)J-REITで初めて自己株取得を行うなど投資主還元策に積極的である点、(3)東京圏およびオフィス市況の改善が始まった、同投資法人保有の地方都市物件などで、賃料ギャップ解消が進む期待が高い点を評価。
小林

最終更新:9月14日(木)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン