ここから本文です

前場コメント No.10 JSB、SUMCO、コニカミノルタ、物語コーポ、原弘産など

9月14日(木)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
物語コーポ 9,300 +170
SUMCO 3,065 +137
JSB 4,230 -50
イノベーシ 1,631 +2
DIC 4,080 +40
★10:00  JSB-反発 3Q累計営業益29.2億円 賃貸管理サービス売り上げの順調な推移で
 ジェイ・エス・ビー<3480>が反発。同社は13日に、17.10期の3Q累計(11-7月)の連結営業利益は29.2億円だったと発表した。同社は16.10期3Qについては四半期財務諸表を作成していないため、前年同期比較はできない。
 主力事業である不動産賃貸管理事業が、管理戸数の堅調な増加に伴い、各種賃貸管理サービス売り上げも順調に推移しているとした。なお、通期の会社計画23.2億円を3Q時点で上回っているが、不動産賃貸管理事業は、賃貸入居需要の繁忙期である2Qに新規契約数が増加することから、営業利益も2Qに偏在する傾向があるとしている。

★10:01  DIC-もみ合い PPSコンパウンドの生産能力を増強 投資額は約8億円
 DIC<4631>がもみ合い。同社は9月13日の大引け後に、小牧工場(愛知県小牧市)において、グローバルトップシェアを有しているPPS(ポリフェニレンサルファイド)コンパウンドの生産設備増設を決定したと発表した。投資金額は約8億円で、生産能力を年産3500トン拡大させる。2018年9月の稼動開始を予定。

★10:06  SUMCO-大幅反発 次世代7ナノメートルウエハーを量産
 SUMCO<3436>が大幅反発。14日付の日経産業新聞で、同社が次世代の回路線幅7ナノメートルの半導体に使うウエハーの量産を2018年から始めると報じられた。
 現在最先端の10ナノ以上に高純度で平たん度の高いウエハーを韓国サムスン電子などに供給するという。微細化に対応するために、極小の異物などを検出する最新の検査装置などに数十億円を投資する計画とされる。今後の収益の伸びが期待され、買いが入っている。

★10:11  コニカミノルタ-CSが目標株価引き下げ オフィス事業の戦略再構築を確認したい
 コニカミノルタ<4902>が4日ぶり反落。クレディ・スイス証券では、オフィス事業の戦略再構築の進ちょくを確認したいとコメント。投資評価「NEUTRAL」を継続、目標株価は1000円→880円と引き下げた。
 営業利益予想は従来比で今18.3期8%、来19.3期12%、20.3期13%減額。1Qは資産売却による一時利益40億円を除けば、CSの従来予想比下振れで着地。今回オフィス事業の収益悪化、ヘルスケアの収益改善の遅れ(アナログ製品の減収)などを反映。今18.3期会社計画には、依然未達リスクがあると判断。オフィス事業は欧州でMFPの他社の価格攻勢に追随しなかったことから、案件獲得に苦戦。ミックス悪化、生産調整の影響、一時費用(移管に伴う原価低減)もあり、1Qは大幅減益(前年比53%減益)。
 今後、顧客への再アプローチや高付加価値のカラー高速機拡販などに注力するが、採算重視の方針を継続するため、ばん回には時間がかかる可能性がある。中期的にも、売上成長は見込み難いため、構造改革による収益力強化の加速が必要と指摘。

★10:11  物語コーポレーション-大幅続伸 8月度既存店5.3%増収 6カ月連続で前年実績上回る
 物語コーポレーション<3097>が大幅続伸。同社が13日に発表した8月度月次売上高前期比(国内直営店+FC店、速報値)で、既存店売上高は前年同月比5.3%増加となった。6カ月連続で前年実績を上回った。既存店客数は5.1%増加。焼肉部門やラーメン部門、お好み焼部門が好調だった。

★10:12  イノベーション-反発 「List Finder」を「マーケメディアForum」に出展
 イノベーション<3970>が反発。同社は9月13日の大引け後に、9月15日に東京都内で開催される広告・マーケティング・IT業界の交流&商談イベント「マーケメディアForum」に、オートメーションツール「List Finder」を出展すると発表した。BtoB中小企業向けでシェア1位のマーケティングオートメーションツールで、見込み顧客リストの構築から興味関心の醸成、営業活動への有望リストの引き渡しまでを支援するもの。

★10:17  原弘産-しっかり 福島電力から電力小売り業者の顧客開拓支援受託
 原弘産<8894>がしっかり。同社は13日に、福島電力(福島県双葉郡)と業務委託契約を締結し、電力小売り業者の顧客開拓支援を受託すると発表した。
 原弘産が保有する物件や管理する物件に入居している人などを中心に福島電力が販売する価額より割安な料金プランを紹介していくという。今後の業績への貢献が期待され、買いが入っている。
小林

最終更新:9月14日(木)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

個人投資家向けセミナー

個人投資家向けセミナー

DZHフィナンシャルリサーチ

これからどうなる日本株

12月2日(土)14時30分から

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン