ここから本文です

前場コメント No.4 SYS、タツタ電線、三菱自動車、産業ファンド、パソナGなど

9月14日(木)11時31分配信 トレーダーズ・ウェブ

現在値
パソナG 1,698 +6
日駐車場開 163 +2
R-産業ファ 484,500 +9,000
SYSHD 3,415 +75
ソレイジア 386 +44
★9:07  オービス-大幅続落 3Q累計73%営業減益 ニュージーランド産丸太高騰でコスト高
 オービス<7827>が大幅続落。同社は13日、17.10期3Q累計(11-7月)の営業利益が1.4億円(前年同期比73.3%減)だったと発表した。ニュージーランド産丸太の現地価格が高騰するなどしたことで仕入れコストが上昇した。

★9:08  ソレイジア-買い気配 伊藤忠商事と中国販売で代理店契約
 ソレイジア・ファーマ<4597>が買い気配。同社は13日に、自社製品の中国販売に関する代理店契約を、伊藤忠商事<8001>と締結したと発表した。中国国内販売への安定的な流通を図ることが目的。グラニセトロン経皮吸収型製剤や口腔用医療機器を中国(香港、マカオを除く)を対象に販売していくとしている。

★9:09  SYS-急騰 1:2の株式分割を実施 基準日は2018年1月31日
 SYSホールディングス<3988>が急騰。同社は13日、株式分割を行うと発表した。株式の流動性を高めるとともに投資家層のさらなる拡大を図るため。2018年1月31日を基準日として、普通株式1株につき2株の割合で分割する。

★9:09  タツタ電線-いちよしがフェアバリュー引き上げ 電磁波シールドフィルムが好調
 タツタ電線<5809>がもみ合い。いちよし経済研究所では、電磁波シールドフィルムが想定を上回って好調と判断。レーティング「A」を継続、フェアバリューは800円→1000円と引き上げた。
 スマートフォン向け電磁波シールドフィルムが想定を上回って好調に推移していることを考慮し、業績予想を上方修正。会社側は今18.3期通期予想を据え置いているが、業績上振れ余地は大きいと判断。半導体パッケージのシールド用途向け導電性ペースト(電子材料事業)や中国ロボットメーカー向けなど機器用電線(電線ケーブル事業)といった新分野の収益貢献にも具体性が高まりつつあり、来19.3期以降も着実な増収増益を予想。

★9:10  三菱自-6日ぶり反落 中国の販売店舗4割拡大を計画
 三菱自動車<7211>が6日ぶり反落。14日付の日経新聞朝刊で、同社が中国での販売店舗を2017年度に16年度比4割増の300店に増やすと報じられた。
 環境規制強化でガソリン車の販売が禁止されることをにらみ、プラグインハイブリッド車(PHV)など新エネルギー車の投入に備えるという。販売が好調なロシアとインドネシアでは増産を検討するとされる。しかし、株価へのポジティブな影響は限定的だ。

★9:10  産業ファンド-もみ合い 1:4で投資口を分割 基準日は2018年1月31日
 産業ファンド投資法人<3249>がもみ合い。同投資法人は13日、投資口を分割すると発表した。投資家がより投資しやすい環境を整備し、さらなる投資家層の拡大を図るため。2018年1月31日を基準日に、投資口1口につき4口の割合で分割する。

★9:11  日本駐車場開発-三菱UFJMSが目標株価引き下げ 株価は妥当水準
 日本駐車場開発<2353>が3日続落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、国内駐車場やテーマパークが増益をけん引するとみるも、株価は妥当水準とみて、投資判断「Hold」を継続した。目標株価は190円→180円と引き下げた。
 スキー場の小雪影響が会社前提と同様に今後も続くとみて、営業利益予想を減額。過去に実施したスキー場8カ所のM&A(合併・買収)は、小雪やスキーバス事故など外部要因の影響を受けるものの、インバウンド誘致による単価引き上げを実現するなど、おおむね順調とみられる。三菱地所から1円で取得した那須のテーマパークも、通期稼働となった前17.7期に営業利益5億円強を稼ぐなど、同社の施設再生スキルが高いと考えるとした。

★9:11  パソナG-4日続伸 商業施設内での臨時託児サービスを開始
 パソナグループ<2168>が4日続伸。14日付の日経新聞朝刊で、同社が商業施設内での臨時の託児サービスを始めると報じられた。
 百貨店やショッピングセンター(SC)が開くイベントでの需要をにらみ、広さ50~100平方メートルほどの臨時託児所を運営するという。まず14~15日に東京都新宿区の施設「ニュウマン」で開くイベントで託児所を設け、年間100件の受注を目指すとされる。
小林

最終更新:9月14日(木)11時31分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

個人投資家向けセミナー

個人投資家向けセミナー

DZHフィナンシャルリサーチ

これからどうなる日本株

12月2日(土)14時30分から

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン