ここから本文です

【海外市場の注目ポイント】英中銀MPCなど

9月14日(木)14時26分配信 KlugFXニュース

 日本時間午後8時に英中銀金融政策委員会(MPC)の結果や議事録が発表される。政策金利は現行の0.25%に据え置かれ、資産買い入れ枠も現行の4350億ポンドに据え置かれることが確実視されており、議事録が焦点となっている。12日に発表された8月の英消費者物価指数は、総合、コアとも、前年比の伸びが前月から予想以上に加速し、インフレが目標を大きく上回るなか、利上げ票が前回の2票から増えるようであれば、早期利上げ観測からポンドが買われる可能性がある。
 
 また、日本時間午後9時半には8月の米消費者物価指数も発表される。総合の大方の予想が前年比1.8%上昇、コアの大方の予想が同1.6%上昇となっており、総合の前年比の伸びが前月から前月の1.7%上昇から加速する一方、コアの前年比の伸びが前月の1.7%上昇から鈍化するとみられている。

みんかぶ「KlugFX」東京

最終更新:9月14日(木)14時26分

KlugFXニュース

 

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン