ここから本文です

マザーズ指数反落、再び警戒感強まる=新興市場・14日

9月14日(木)15時08分配信 モーニングスター

現在値
総医研HD 631 +26
インフォテ 1,345 -44
ウォンテド 4,070 -290
細谷火工 1,913 +194
倉元製 237 -6
 マザーズ指数が4日ぶりに反落。高く始まったが、前日までの続伸で利益確定売りが出やすく、北朝鮮の労働党外郭団体の報道官による威嚇声明が伝わって警戒感が強まった。メタップス <6172> やインフォテリア <3853> 、総医研ホールディングス <2385> などが下落。IPOのウォンテッドリー <3991> は買い人気殺到。ジャスダックでは防衛関連の細谷火工 <4274> 、有機EL関連の倉元製作所 <5216> などが買われた。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月14日(木)15時08分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン