ここから本文です

日経平均は40円程度高、採用銘柄の値上がり率上位に東レ、SUMCO、明電舎など

9月14日(木)10時24分配信 モーニングスター

現在値
DeNA 2,465 +5
日清紡HD 1,349 -3
東レ 1,063.5 -15
SUMCO 1,741 +8
東ソー 1,257 -27
 14日午前10時20分すぎの日経平均株価は、前日比40円程度高い1万9900円前後で推移。午前10時7分には、同52円57銭高の1万9918円39銭まで上昇し、取引時間中としては8月9日以来となる1万9900円台を回復した。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円60銭台(13日終値109円94-95銭)と円安に振れている。

 日経平均採用銘柄の値上がり率の上位は、東レ <3402> 、SUMCO <3436> 、明電舎 <6508> 、古河電工 <5801> 、川重 <7012> がランクイン。一方、値下がり率上位には、日清紡HD <3105> 、三井金属 <5706> 、DeNA <2432> 、ソニー <6758> 、東ソー <4042> が入っている。

提供:モーニングスター社

最終更新:9月14日(木)10時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン