ここから本文です

【ディーラー発】ドル円、一時急落(NY午後)

9月14日(木)4時41分配信 セントラル短資FX

「モラー米特別検察官、ソーシャルメディアに捜査の重点」との報道を受け、ロシアゲートへの警戒感からドル円は一時110円37銭付近まで急落。ただ、午前に台頭した米税制改革への期待感や米債利回りの上昇幅拡大に支えられると110円66銭付近まで持ち直した。一方、ユーロドルが1.1872付近まで、ポンドドルが1.3183付近まで続落したほか、豪ドルドルも0.7969付近まで下値を切り下げるなどドル買いの流れが継続している。4時39分現在、ドル円110.613-623、ユーロ円131.418-438、ユーロドル1.18810-818で推移している。

最終更新:9月14日(木)4時41分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン