ここから本文です

東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は4日ぶり反落、大泉製、総医研HDが売られる

9月14日(木)11時33分配信 株探ニュース

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
GNI 408 -12
総医研HD 595 -13
アマナ 925 -5
ビーロット 2,810 -11
Sアタオ 2,015 +8
 14日前引けの東証マザーズ指数は前日比10.03ポイント安の1043.45ポイントと4日ぶり反落。値上がり銘柄数は57、値下がり銘柄数は163となった。

 個別ではエスユーエス<6554>が年初来安値を更新。大泉製作所<6618>、スタジオアタオ<3550>、シンクロ・フード<3963>、ジーエヌアイグループ<2160>、シルバーエッグ・テクノロジー<3961>は値下がり率上位に売られた。

 一方、メディアシーク<4824>がストップ高。総医研ホールディングス<2385>、アマナ<2402>、ビーロット<3452>、アクトコール<6064>、中村超硬<6166>など7銘柄は年初来高値を更新。ソレイジア・ファーマ<4597>、Fringe81<6550>、バリューゴルフ<3931>、ソウルドアウト<6553>、タイセイ<3359>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:9月14日(木)11時33分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン