ここから本文です

〔ロンドン株式〕続落(13日)

9月14日(木)1時43分配信 時事通信

 【ロンドン時事】13日のロンドン株式市場の株価は続落した。FT100種平均株価指数は前日終値比20.99ポイント(0.28%)安の7379.70で終了した。
 FT指数はポンド高を嫌気して下げて始まったが、英雇用統計で平均賃金の伸びが横ばいだったことを受けてポンドが急落すると、つられる形でじりじりと下げ幅を縮めた。
 鉱業株が振るわず、アントファガスタが3.87%安、フレスニロが3.63%安、アングロ・アメリカンが3.19%安。グレンコアも2.39%安だった。一方、消費者金融のプロビデント・フィナンシャルは1.68%高。原油相場の上昇を受け、石油大手ロイヤル・ダッチ・シェル(A)は0.77%高となった。
 シティー・インデックスのアナリスト、ケン・オデルガ氏は「週初から続いたリスク選好の動きに巻き戻しが出ているが、回復基調は続くだろう。あすのイングランド銀行(BOE、英中央銀行)の金融政策発表を受け、為替がどう動くかに注目している」と指摘した。
 他の主な個別銘柄では、石油大手BPが3.45ペンス高の452.35ペンス、金融大手バークレイズが0.20ペンス高の191.55ペンス。製薬大手グラクソ・スミスクラインは5.50ペンス安の1491.00ペンスだった。(了)

最終更新:9月14日(木)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン