ここから本文です

【ディーラー発】ポンド売り一服(欧州午後)

9月13日(水)21時14分配信 セントラル短資FX

英・賃金上昇率の伸び鈍化を嫌気したポンド売りが一服すると、ポンドドルは1.3281付近まで下値を切り上げ、ポンド円は146円17銭付近まで反発。また、欧州株の下げ渋る動きに伴いユーロドルが本日高値に迫る1.1987付近まで上昇し、ユーロ円が131円94銭付近まで値を戻すなど、欧州通貨がやや堅調。一方、ドル円は110円割れでは押し目の買い、110円10銭付近では戻り売りに挟まれ狭いレンジでの揉み合い基調となっている。21時14分現在、ドル円110.015-025、ユーロ円131.793-813、ユーロドル1.19790-798で推移している。

最終更新:9月13日(水)21時14分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

証券口座比較

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン