ここから本文です

〔東京株式〕2万円回復に期待感(13日、続き)☆差替

9月13日(水)15時24分配信 時事通信

 為替の円安・ドル高や前日の米ダウ工業株30種平均の史上最高値更新が買い材料となり、13日の東京市場は買いが優勢だった。日経平均株価は一時前日比112円22銭高の1万9888円84銭まで上昇した。市場関係者の間では「2万円の大台回復が射程に入ってきた」(インターネット証券)と、株価上昇への期待が一段と高まっている。
 大手銀行や自動車、電子部品といった時価総額の大きい主力業種の株に資金が向かい、相場全体に安心感が広がった。欧州など海外投資家が週初から株価指数先物を買い続けていると見方があるほか、「これまで様子見を続けてきた国内機関投資家が米国株の値上がりに触発されて、日本株に買いを入れてきた」(中堅証券)との指摘もあった。(了)

最終更新:9月13日(水)17時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン