ここから本文です

本土市場:8月7日週の回顧

8月12日(土)17時18分配信 トレーダーズ・ウェブ

 本土市場では上海総合指数が週間で1.6%安と8週ぶりに反落した。週前半こそ堅調な値動きで7日、8日と上海総合指数は続伸したが、週末にかけて急落する展開となった。10日には「滬港通」「深港通」を通じた香港からの投資資金が純流出となったことで、投資家の資金流入期待が後退。週内に発表された貿易統計や物価統計が市場予想を下回ったことに加え、週末にかけて北朝鮮問題を巡る地政学リスクの高まりが意識されて急落。11日には上海総合指数は節目の3200ポイント付近まで下落した。

          終値  騰落率   週初来  年初来
08月07日 [月]  3279.46 +0.5%  +0.5%  +5.7%
08月08日 [火]  3281.87 +0.1%  +0.6%  +5.7%
08月09日 [水]  3275.57 -0.2%  +0.4%  +5.5%
08月10日 [木]  3261.75 -0.4%  0.0%  +5.1%
08月11日 [金]  3208.54 -1.6%  -1.6%  +3.4%
池ヶ谷

最終更新:8月12日(土)17時18分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン