ここから本文です

11日のこれまでの要人発言

8月12日(土)6時14分配信 トレーダーズ・ウェブ

ターンブル豪首相
「オーストラリアは、北朝鮮が米国を攻撃した場合は、安保条約により米国を支援する」

ソーンダーズ英MPC委員
「もし英国の経済成長が上向きに転じた場合、イングランド銀行はすぐに利上げすべき」

トランプ米大統領
「米国は北朝鮮に対して臨戦態勢(locked and loaded)にある」

ラブロフ・ロシア外務相
「北朝鮮との衝突のリスクは非常に高い」
「北朝鮮のミサイル実験を停止するために、米国と韓国の大規模軍事演習は止めるべきだ」
「ロシアと中国は危機を解決する策がある」

カプラン米ダラス連銀総裁
「完全雇用に向けて前進している」
「2017年の米国のGDPは2%を少し超えるくらいと予測」
「インフレはいまだ2%を下回る」
「利上げをする前に、インフレ目標に前進しているかもっと確証をえたい」
「自然利子率が3%から2%へと近づいていることで、利上げに対しては慎重になる」
「FEDはバランスシートについて近々アナウンスをする思う」
「次の利上げの前にインフレ指標を確かめるべきだ」

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「今日の弱いCPIの指標が利上げを待つ理由のひとつ」

トランプ米大統領
「クシュナー氏とグリーンブラット氏を中東に派遣」
「中東の平和には楽観的」
「イスラエルとパレスチナの和平はお互いが会って解決するしか方法はない」
松井

最終更新:8月12日(土)6時14分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン