ここから本文です

山梨中央銀行<8360>のフィスコ二期業績予想

8月11日(金)18時50分配信 フィスコ

現在値
山梨中銀 422 +3
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

山梨中央銀行<8360>

3ヶ月後
予想株価
470円

山梨県地盤の地銀。県内シェアは預金、貸出金とも首位。17年6月末の自己資本比率(国内基準)は15.6%と健全。西東京地区にも進出。岩手銀らと仮想通貨技術の活用で実証実験へ。18.3期1Qは低金利響き苦戦。

低金利による利ざや縮小で資金利益が厳しい。貸出金や個人向けローンの増加で補えず。貸出金売却益の剥落も響く。与信コストは横ばい。経費増も重石。18.3期は苦戦の見通し。配当維持。株価は横ばい圏の推移を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/46,800/0/5,900/3,900/23.22/7.00
19.3連/F予/47,000/0/6,100/4,000/23.82/7.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月11日(金)18時50分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン