ここから本文です

クラリオン<6796>のフィスコ二期業績予想

8月11日(金)16時20分配信 フィスコ

現在値
クラリオン 415 +1
※この業績予想は2017年8月3日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

クラリオン<6796>

3ヶ月後
予想株価
440円

日立製作所の連結子会社。カーナビやカーオーディオが主力。車載カメラや車載用センシングシステムも手掛ける。中計では20.3期に売上2250億円以上、営業利益率5%以上を目指す。18.3期1Qは最終益横ばい。

米国の自動車販売停滞が響く。国内は既存品低調。開発投資も重い。車載カメラの伸長や費用削減で補えず。18.3期は利益足踏みを予想。配当は維持か。自動運転関連銘柄の位置付けが株価を下支え。株価は横ばいを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/200,000/11,000/10,500/7,300/25.90/3.00
19.3連/F予/206,000/12,000/11,500/7,800/27.67/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/08/03
執筆者:JK
《FA》
株式会社フィスコ

最終更新:8月11日(金)16時20分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン