ここから本文です

宮地エンジが急騰し年初来高値を更新、工事採算大幅改善で上期および通期の営業利益予想を上方修正

8月9日(水)13時50分配信 サーチナ

 宮地エンジニアリンググループが急騰。午前9時11分に前日比48円(16.2%)高の344円まで買われ、8日の年初来高値304円を更新している。
拡大写真
 宮地エンジニアリンググループが急騰。午前9時11分に前日比48円(16.2%)高の344円まで買われ、8日の年初来高値304円を更新している。
現在値
宮地エンジ 342 -11
 宮地エンジニアリンググループ <3431> が急騰。午前9時11分に前日比48円(16.2%)高の344円まで買われ、8日の年初来高値304円を更新している。
   
 8日引け後に発表した18年3月期第1四半期(17年4-6月)の連結業績は、売上高104億円(前年同期比20.1%増)、営業利益11.7億円(同2.9倍)。各工事が概ね順調に進捗し、一部大型工事で採算性が改善する中、完成工事総利益率が17.8%と同5.2ポイント上昇して大幅営業増益を達成した。
 
 これを踏まえ会社側は、上期予想について売上高は従来の230億円(同28.0%増)を据え置いたが、営業利益は8.0億円から15.0億円(同40.8%増)に増額。通期は売上高を480億円から490億円(前期比35.0%増)に、営業利益を16.0億円から26.0億円(同2.8%増)に引き上げ、一転増益としている。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:8月9日(水)13時50分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース