ここから本文です

【ディーラー発】ドル円急反発(NY午前)

7月18日(火)0時55分配信 セントラル短資FX

ドル円は序盤こそ112円32銭付近まで下値を拡大したものの、米債利回りの低下幅縮小やロンドンフィキシングに向けたドル買いが強まると一転して本日高値となる112円86銭付近まで急反発。また、小幅安で寄付いたNYダウが先週末比プラス圏へ浮上し、豪ドル円が88円26銭付近まで水準を切り上げ、ポンド円は147円48銭付近まで持ち直すなどクロス円も堅調。一方、ユーロドルは1.1486付近まで続伸したものの、1.15台手前で伸び悩む状況となっている。0時55分現在、ドル円112.745-755、ユーロ円129.290-310、ユーロドル1.14680-688で推移している。

最終更新:7月18日(火)0時55分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン