ここから本文です

【ディーラー発】ポンド一段安(欧州午後)

7月17日(月)21時08分配信 セントラル短資FX

特段目新しい材料のない中、ポンド売りの流れは継続。対ドルで1.3057付近まで、対円で146円74銭付近まで下落したほか、ユーロポンドが0.8779付近まで上昇するなどポンドが対主要通貨で一段安。対照的にユーロは対ポンドでの買いが波及し、対ドルで1.1470付近まで反発、対円で一時128円98銭付近まで買い戻される場面が見られた。一方、ドル円は米債利回りの低下幅拡大を背景に112円34銭付近まで売られ日通し安値を更新している。21時05分現在、ドル円112.408-418、ユーロ円128.852-872、ユーロドル1.14625-633で推移している。

最終更新:7月17日(月)21時08分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

株主優待特集

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン