ここから本文です

反落、米週間石油在庫統計を警戒=NY原油概況

6月20日(火)5時36分配信 KlugFXニュース

NY原油先物7月限(WTI)(終値)
1バレル=44.20(-0.54 -1.21%)
ブレント先物8月限(ICE) 46.91(-0.46 -0.97%)

 ニューヨーク原油は反落。米国のほか、リビアやナイジェリアが増産していることから世界的な原油の供給過剰が払拭されないとの警戒感が根強い。米ベーカー・ヒューズ発表の米石油採掘装置(リグ)稼働数は22週連続で増加しており、米国の増産は続く見通し。ドル高も原油の重しとなったほか、米週間石油在庫統計も警戒されている。

最終更新:6月20日(火)5時36分

KlugFXニュース

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

JPX*マネースクール

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン