ここから本文です

NY原油:大幅続伸で50.33ドル、減産合意の9カ月延長を織り込む展開

5月20日(土)8時42分配信 フィスコ

NY原油先物6月限は続伸(NYMEX原油6月限終値:50.33 ↑0.98)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物6月限は前日比+0.98ドルの50.33ドルで取引を終えた。石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産が来年3月まで延長される公算が大きいとの見方が強まり、短期筋などの買戻しがさらに広がった。供給超過の状態は段階的に解消されるとの思惑も広がっている。

報道によると、ロシア国営石油会社ロスネフチのセチン最高経営責任者(CEO)は18日、OPECとの減産合意を順守すると述べており、ロシアは協調減産の期限延長を支持していることが再確認されている。ニューヨーク外為市場でドル安・ユーロ高が進行したことも材料視されたようだ。

ただ、「減産合意の延長によって原油価格が大幅に持ち直した場合、シェールの生産量が増える可能性は高い」との見方が市場関係者の間で広がっており、減産合意の期限延長が需給関係の大幅な改善につながるとは言い切れないとの見方は残されている。

《MT》
株式会社フィスコ

最終更新:5月20日(土)8時42分

フィスコ

 

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン