ここから本文です

NY為替:原油高を好感、リスク回避が後退111.70円/124.94円

5月20日(土)8時23分配信 フィスコ

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は、111円05銭から111円67銭まで上昇して111円27銭で引けた。原油価格の上昇が好感され、リスク回避のドル売り・円買いが後退。ただ、トランプ大統領を巡るロシア疑惑の波及懸念がくすぶり上昇は限定的となった。

ユーロ・ドルは、1.1175ドルから1.1212ドルへ上昇して1.1208ドルで引けた。域内経済の成長期待が強まりユーロ買いが加速。ユーロ・円は、124円24銭から124円94銭へ上昇。リスク選好の円売りが優勢となった。ポンド・ドルは、1.3008ドルから1.3040ドルへ上昇した。ドル・スイスは、0.9778フランから0.9726フランへ下落した。

《MT》
株式会社フィスコ

最終更新:5月20日(土)8時23分

フィスコ

 

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン