ここから本文です

<話題>環境に対する関心が高まるなか「2017 New環境展」が開催、関連銘柄をマーク

5月20日(土)8時06分配信 モーニングスター

現在値
安藤ハザマ 831 +22
新日本電工 371 +12
イワキP 2,181 -7
オカダアイ 1,272 +35
日工 2,152 +7
 持続可能な循環型社会の構築に向け環境に対する関心が高まるなか「2017 New環境展」が23日から26日にかけて、東京ビッグサイトで開催される。さまざまな環境問題に対応するため、新技術や新サービスの提案がなされる見込みで、関連する銘柄に関心が向かうことも想定される。

 オカダアイヨ <6294> は、解体アタッチメント、木材破砕機等環境に配慮した、特殊機械を展示。北川鉄 <6317> は、燃焼灰・建設汚泥リサイクルプラントと、バージョンアップした混練造粒機などを紹介する。新東工 <6339> は、排水処理装置、粉塵(じん)爆発対策型汎用集塵機の展示を行うほか、遠隔モニタリングシステムを用いた簡易的なIoT(モノのインターネット)機器についても紹介。新日本電工 <5563> は、イオン交換樹脂を利用した排水処理装置や純水製造装置を展示する。日工 <6306> は、「撹拌(かくはん)・混合」「加熱・乾燥」の各種装置の紹介や、自走式土質改良機「Mobix」やモバイル破砕機「Kleemann」、加熱処理システム「マルチドライヤ」、造粒機「Tsuvler」の実機を出展。マミヤOP <7991> は、業務用生ごみ処理機「ポイト」の実機を紹介する。

 主な出展企業
 安藤ハザマ <1719> 、イワキポンプ <6237> 、岩谷産 <8088> 、オカダアイヨ <6294> 、北川鉄 <6317> 、極東開 <7226> 、クラリオン <6796> 、クボタ <6326> 、JFE <5411> 、JXTG <5020> 、新東工 <6339> 、新日鉄住金 <5401> 、新日本電工 <5563> 、新明和 <7224> 、高千穂交 <2676> 、チヨダウーテ <5387> 、東ガス <9531> 、日工 <6306> 、パイオニア <6773> 、豊和工 <6203> 、松田産業 <7456> 、マルカキカイ <7594> 、マミヤOP <7991> 、油研工 <6393> など。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月20日(土)8時06分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン