ここから本文です

<特集>好決算銘柄チェック(4)=丸井G―今期は営業2ケタ増益に復帰見通し、需給妙味も

5月20日(土)8時05分配信 モーニングスター

現在値
丸井G 1,501 +7
 丸井グループ <8252> に注目したい。18年3月期の連結営業利益予想は350億円(前期比12.0%増)。同利益ベースで9期連続の増益となり、4期ぶりに2ケタ成長に復帰する見通しだ。ショッピングクレジットの順調な拡大を見込み、定期借家契約に基づくSC(ショッピングセンター)型のビジネスモデルへの転換を進めることで、収益向上を目指す。

 今月11日引け後には、前期決算発表とともに今期増配(前期比4円増の37円)と上限1200万株・150億円の自社株買い(取得期間は5月12日-18年3月31日)を明らかにし、株主還元に前向きな点もポイントになる。これら材料を好感し、株価は12日に急動意を示し、戻り高値1704円を付けたが、その後は頭打ちの格好。ただし、日足一目均衡表の抵抗帯「雲」上限をキープしつつ、月間足では三角もちあい形成の流れにあり、早晩出直り再開の可能性がある。

 ちなみに、12日申し込み現在の信用取引残高は、買い残17万3200株に対し、売り残66万4600株と売り長状態。同日報告分の株券等貸借週末残高によると、カラ売りにつながる貸付残高は有担保分で700万株近くに上る。買い戻しエネルギーを蓄積しており、需給妙味も見逃せない。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月20日(土)8時05分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン