ここから本文です

資金も興味もあるのに、投資に踏み出せない男達

5月20日(土)12時50分配信 不動産投資の楽待

(写真© beeboys-Fotolia)
拡大写真
(写真© beeboys-Fotolia)
将来の夢のため、あるいはもしもの事態に備えて、毎月の収入を貯蓄する人は多いはず。しかし、ただお金を貯金するだけでなく、不動産投資やFXなどの資産運用で貯蓄を増やそうとしている人はそれほど多くないように感じる。中には、十分な貯えがあり、資産運用に興味がありながらも、何らかの理由で実行出来ていない人もいるだろう。

そこで今回は、貯蓄はするのに投資できない男性3人にインタビュー。その理由と投資に対するイメージを聞いてみた。

■投資ってやっぱり難しい…?

一人目の男性は、大手化粧品メーカーに務める江藤伸二さん。今年で47歳になる江藤さんは、共働きの奥さんと二人暮らし。年収は約800万円で、貯金は夫婦合わせて1800万円だという。十分投資の元手になる貯金を持っている古賀さんだが、投資に大きなハードルを感じている様子。

「たしかに資産運用で今あるお金が増えるのは嬉しいです。でも、そのためには頑張って勉強をしないといけないと思うと、なかなか実行に移せません。以前資産運用に興味を持ちまして、本屋にも調べに行ったんですが、書いてあることが難しくて、一歩目で挫折してしまったことがあるんです。もともとお金や経済について疎く、家計簿も妻に任せっきりですし……」

たしかに投資で成功させるためには、その時々の社会情勢、経済や法律の仕組みなど、勉強しないといけないことはたくさんある。もちろんビギナーズラックのように運次第で大儲けすることもあるだろう。しかし、それらの知識がなければ、却って大きな損害を被りかねない。理想的な資産運用は一朝一夕ではできないのだ。

■忙しくて時間がない……

続いては、広告代理店に務める大沢紀夫さん。44歳独身で年収はおよそ1000万円、貯金は2300万円ほどだそうだ。大沢さんも十分な貯金を持っているが、資産運用には手を出していないという。

「友人のなかには株取引で副収入を得ている人もいて、たしかに羨ましいとは思います。しかし、自分も同じように収入を得るためには、今の仕事を続けていては到底無理ですね。というのも、かなり忙しく自分の時間もろくに作れていません。

休日もクライアントとの食事や接待に出かけることも多いのに、さらに毎日の値動きに注視することなんて不可能ですよ。友人みたいにフリーランスになるか、もっと時間に余裕のあるところに転職したら、投資も始めてみたいですけど……」

株取引やFXでは、一瞬の価格変動で大成功も大失敗もありうる。損害を最小限に抑えるためにも、損切りのタイミングを見分けることは必須。そのためには、常に注意を張っていたり、売り買いが出来る環境にいたりしないと難しいかもしれない。

■リスクを考えると手が出せない……

最後の方は、建築会社に勤務する徳田康平さん。39歳独身の徳田さんは、年収は450万ほどだが、実家暮らしということもあり、貯金額はおよそ1300万円になるという。そんな彼が投資に踏み出せない理由とは?

「正直、今の暮らしで満足してしまっている感じはあります。決して年収が少ないわけではありませんし、実家暮らしなので家賃や光熱費などの心配も要りません。それよりも、投資に失敗したときの損害で貯金が大幅に減ってしまったり、借金に追われたりといったリスクのほうが心配です。ただ両親の老後や、自分の将来のことを考えると、もっと蓄えがあったほうがいいのかなとも思うんですが……」

金額の大きさ問わず、投資にはリスクがつきもの。そのリスクをコントロールするのは、たしかに難しい。一歩踏み出そうとする意思はあっても、その危うさに足がすくんでしまうのも無理はないのかもしれない。

■正しい判断で、正しい資産運用を!

以上の3人の男性たちは、それぞれ投資に興味はあり、資金もあるものの、様々な障害によって挑戦できずにいるようだ。

そこでさらに、某大手コンサルティング会社に勤務する大久保賢さんに取材し、これらのお悩みに対する解決策を伺った。

「たしかに、投資と聞くと『難しそう』や『失敗したら怖い』といった印象を持たれる方は多いですね。もちろんデメリットやリスクなどを0にすることはできませんが、0に近づけることならできますよ。

例えば、江藤さんや大沢さんのように、難しさや忙しさをハードルと考えている方は証券会社や代理店に相談するのも手です。丁寧に仕組みを説明してくれたり、事務手続きや書類作成のアドバイスを受けたりすることができます。また、代理店なら、もちろん手数料はかかりますがトレードを引き受けてくれるので、忙しい方でも安心です。

あるいは、取引市場をチェックしなくてもいい不動産投資もオススメですね。掃除などの細かな管理も管理会社に委託すれば、手間も最小限で済みます。この不動産投資は徳田さんにも適しています。建築会社勤務ということで、知識などのアドバンテージもありますし、物として資産を購入する不動産投資は株やFXなどに比べてリスクが少ない資産運用と言えます。

両親に介護が必要になった際も、手間のかかりにくい不動産投資ならば、介護との両立もしやすいですよ。このように自分にあった運用方法を選ぶことで、投資は決して手の届かないものではなくなるはず。もし投資に興味があるのでしたら、まずは専門家に相談してみてはいかがでしょうか」

投資と一言でいっても、種類は様々で、特徴も一長一短だ。その中から自分にあったものを選ぶことでハードルはぐっと低くなるはず。ただなんとなく貯金をするのではなく、目標を掲げ、その手段として投資に挑んでみてはいかがだろう。
不動産投資の楽待 編集部

最終更新:5月20日(土)12時50分

不動産投資の楽待

 

情報提供元(外部サイト)

不動産投資の楽待

不動産投資の楽待

株式会社ファーストロジック

最新記事を毎日更新

実際に不動産投資を行っている投資家の
「失敗談」や「成功談」をはじめ、
不動産投資をするなら必ず抑えておきたい
ノウハウを記事にして毎日配信!

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン