ここから本文です

リクルートHDが反落、SMBC日興証は業績予想を上方修正

5月19日(金)16時23分配信 モーニングスター

現在値
リクルトH 5,840 ---
 リクルートホールディングス <6098> が反落。SMBC日興証券では18日付で、投資判断「1」(アウトパフォーム)を継続、目標株価は5400円から6700円に引き上げている。

 同証券では業績予想を上方修正、あわせて目標株価を6700円に引き上げている。これまでの複数のM&A(企業の合併・買収)は成果を生み始めており、中・長期的な業績拡大の余地が広がってきていること、コストコントロールのフレキシビリティーが高く、仮に外部環境が悪化するような局面においても、利益面での安定成長が維持できる体制が構築できている点も評価できようとコメントしている。

 同証券では、主に国内外の人材派遣事業及びHRテクノロジー事業が想定以上に好調に推移していることから、業績予想を上方修正。連結営業利益について、18年3月期1954億円(今期からIFRS基準に変更のため前期との比較はなし、従来1321億円)、19年3月期2184億円(従来1450億円)、20年3月期2494億円と試算。国内労働市場は構造的な労働力不足にあるとみられること、潤沢なキャッシュと国内事業の強力なキャッシュフロー創出力を背景とした海外における積極的なM&Aの成果が顕在化していることなどから、人材派遣事業は中期的に高い業績成長が見込まれると指摘している。

 19日終値は前日比500円安の5750円。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月19日(金)16時23分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース