ここから本文です

日立が4日ぶり反落、三菱UFJモルガン証は業績予想を上方修正

5月18日(木)17時56分配信 モーニングスター

現在値
日立 674 ---
 日立製作所 <6501> が4日ぶりに反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では17日付で、レーティング「ニュートラル」(中立)を継続、目標株価は680円から730円に引き上げている。

 同証券では業績予想を上方修正、あわせて目標株価を730円に引き上げている。「停滞期を抜け出るアクション待ち」のエクイティストーリーに変更はないとコメント。中・長期の成長だけでなく短期的利益に対する同社のこだわりはポジティブに評価されると予想。半面、「18年3月期業績成長は前期の不採算案件費用などの解消や上場子会社などプロダクツ事業のシクリカルな回復に負うところが大きい」と指摘。未だ、持続的な成長をけん引するフロント事業の具体的な形が見えてきておらず、IoT(モノのインターネット)基盤「Lumada」が目立つばかりであり、今後、フロント事業を成長の核とする組織体制の強化に期待したいとしている。

 同証券では連結営業利益について、18年3月期6330億円(前期比7.8%増、従来5740億円、会社側計画は6300億円)、19年3月期6710億円(従来5860億円)、20年3月期6930億円と試算している。

 18日終値は前日比12.5円安の663.7円。

提供:モーニングスター社

最終更新:5月18日(木)17時56分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース