ここから本文です

ユーロドルはレンジ取引続く ドラギ総裁は慎重姿勢を堅持=NY為替

5月11日(木)1時31分配信 KlugFXニュース

 ユーロドルは1.0870近辺で推移している。前日後半からのドル売りもありユーロドルは、東京時間に1.09台の回復をうかがう展開も見せていた。ただ、上値が重くなっているのか、1.09ちょうど付近の上値抵抗も強く、その手前で伸び悩んでいる。
 対ポンドでの売りやモデル系の売りなどが観測され、ロンドン時間に入ると軟調な動きが見られている。一方で1.0850に接近してくると買いオーダーも出るようで下値をサポートしている。結局、1.0860から1.09ちょうどの狭い範囲でのレンジ取引に終始している状況。

 ECBの出口戦略への期待が高まる中、きょうはドラギECB総裁がオランダ議会で議会証言を行っていたが、景気については、ユーロ圏全体が上向きに入ったと述べる一方で、現在の刺激策はなお必要との認識も示していた。先日のECB理事会後の会見内容とほぼ同様で、慎重姿勢は堅持している。

 ユーロドルに関しては次のアクション待ちの面が強い。

EUR/USD 1.0873 EUR/JPY 124.01 EUR/GBP 0.8406

みんかぶ「KlugFX」 野沢卓美

最終更新:5月11日(木)1時31分

KlugFXニュース

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン