ここから本文です

欧州為替:ドル・円は114円23銭から113円96銭まで下落

5月11日(木)20時14分配信 フィスコ

 11日のロンドン外為市場では、ドル・円は114円23銭から113円96銭まで下落している。欧州株が小幅高安でまちまち、米国10年利回りが2.39%台付近で横ばい推移となるなか、利益確定とみられるドル売りが優勢になっているもよう。

 ユーロ・ドルは1.0889ドルから1.0867ドルまで下落し、ユーロ・円は124円35銭から123円91銭まで下落している。欧州中央銀行(ECB)の出口戦略への思惑後退で、ユーロ売りが継続しているもよう。

 ポンド・ドルは1.2939ドルから1.2874ドルまで下落。英中銀金融政策委員会の議事録で、政策金利の据え置きが前回と同じ7対1での決定になったことを受けて、ポンド売りが優勢になっているとみられる。

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:5月11日(木)20時14分

フィスコ

 

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン