ここから本文です

<話題>広がるペーパーレス化の動き、関連銘柄を探る

4月28日(金)17時06分配信 モーニングスター

現在値
Dアーツ 3,360 +10
NEC 277 -1
富士通 791.2 +0.3
ワコム 359 +9
パナソニク 1,368.5 +2.5
 ペーパーレス化の動きが広がりつつある。芙蓉リース <8424> はリース終了の手続きをペーパーレス化し、三井住友 <8316> では銀座に書類手続きを省いたペーパーレスの店舗を開業。レオパレス <8848> は工事請負契約にペーパーレスシステムを導入した。国会でも年初に日本維新の会がペーパーレス化を推進する国会運営スリム化法案を提出。衆院で議員全員にタブレット端末を配布する案が浮上している。

 ペーパーレス化は紙が不要になるためコストを抑えられるほか、データとして保存しておくことで検索が容易となり、必要な書類を簡単に探し当てることができる。また、単純に書類をデータ化するだけでなく、クラウドで管理して情報を共有できるのもメリットだ。

 国会におけるタブレット端末の配布案があり、NEC <6701> 、富士通 <6702> 、パナソニック <6752> 、シャープ <6753> 、ソニー <6758> 、ワコム <6727> などタブレット端末関連企業に恩恵が期待される。

 ただ、紙に印刷したものは机のうえなどに並べることができるため、ペーパーレス化は視認性、一覧性が低下するというデメリットもある。また、クラウド上での管理などではシステム障害が発生した場合、関係者が資料を閲覧できなくなる恐れもある。

 デジアーツ <2326> 、ソリトン <3040> 、セキュア <3042> 、サイオス <3744> 、ラック <3857> などセキュリティー対策関連銘柄の活躍が重要となる。AMI <3773> 、DDS <3782> 、アドソル <3837> 、テラプロ <6627> 、ユビテック <6662> など生体認証関連銘柄も注目だ。

提供:モーニングスター社

最終更新:4月28日(金)17時06分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン