ここから本文です

今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆117円台で推移か

4月21日(金)8時49分配信 フィスコ

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。その後、1.1616ドル(2016/05/03)まで戻したが、米金利上昇などを意識して1.0341ドル(2017/01/03)まで下落する場面があった。ユーロ・円は、141円06銭(2015/6/04)から122円06銭(2016/3/1)まで下げた後、128円22銭(2016/3/31)まで買われたが、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで急落した。その後124円10銭(2016/12/15)まで反発している。

本日のユーロ・円は、117円前後で推移か。欧米株高を意識して、ユーロの対円レートは116円台後半で下げ渋る展開となりそうだ。

【ユーロ売り要因】
・米国との金利差拡大の可能性残る
・ユーロ圏と米国の金利差拡大観測
・独仏の政治不安は払拭されず

【ユーロ買い要因】
・仏大統領選でマクロン候補の支持率はルペン候補をやや上回る
・ユーロ圏の失業率低下、景気下振れリスク軽減
・トランプ大統領:ドルは強くなり過ぎている

《HT》
株式会社フィスコ

最終更新:4月21日(金)8時57分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン