ここから本文です

21日のPTS市場=17年3月期の連結利益予想を上方修正したソニーが高い

4月21日(金)19時24分配信 モーニングスター

現在値
アクシーズ 2,621 +34
INEST 67 +3
レナウン 158 ---
邦アセチ 1,047 -5
東洋合成工 653 +22
 21日のPTS(取引所外取引)市場は、引け後に17年3月期の連結利益予想を上方修正したソニー <6758> が値上がり率上位となった。17年3月期の連結営業損益予想を赤字見通しから黒字に引き上げたINEST <3390> が高い。JVCKW <6632> も17年3月期の業績予想を引き上げており、買われた。17年6月期第3四半期累計の連結営業利益が2ケタ増益となり、通期予想に対する進ちょくも順調だったアクシーズ <1381> も上昇した。


 21日の通常取引でストップ高まで上昇したレナウン <3606> 、アセチレン <4093> 、東洋合成 <4970> 、大興電通 <8023> も引き続き高い。年初来高値を更新した後は軟調だったカーディナル <7855> は引け後に再び買われた。17年3月期の業績予想を引き下げ、未定としていた年間配当予想を無配(前期も無配)としたプロルート <8256> は悪材料出尽くし感から上昇した。1対2の株式分割と、実質的な株主優待制度の拡充を発表したシステム情報 <3677> も高い。17年3月期の連結純利益予想を引き上げたAMI <3773> のほか、JFLA <2538> も買われた。


 半面、引け後に第三者割当てによる新株予約権の発行を発表した、GNI <2160> は需給悪化懸念が先行し、値下がり率上位となった。通常取引で一時ストップ高まで買われたUMN <4585> は引け後は利益確定売りが優勢となった。18年3月期の非連結業績予想で営業赤字継続見通しとしたベクター <2656> も安い。JMACS <5817> やルック <8029> は直近で株価が急騰していたが、引け後に利益確定の動きが優勢となった。直近で上昇した後、上値の重い展開が続いていたアンジェスM <4563> は見切り売りが強まった。東製鉄 <5423> は引け後に発表した18年3月期の連結営業利益予想が小幅ながら減益だったことから、売りが出た。

【値上がり率上位】
(1)INEST <3390>
(2)東洋合成 <4970>
(3)レナウン <3606>
(4)大興電通 <8023>
(5)カーディナル <7855>

【値下がり率上位】
(1)GNI <2160>
(2)UMN <4585>
(3)ベクター <2656>
(4)JMACS <5817>
(5)ルック <8029>

◎午後7時00分現在
情報提供はSBIジャパンネクスト証券

提供:モーニングスター社

最終更新:4月21日(金)19時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン