ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=米3月中古住宅販売件数に注目

4月21日(金)18時52分配信 モーニングスター

 米国株は20日、海外株の堅調な動きを見て買い優勢で推移。ダウ工業株30種平均は174.22ドル(0.9%)高の2万578.71ドルで終了した。

 きょうは仏大統領選を直前に控えていることもあり、売買は低調となる可能性もあるが注目度が高いNAR(全米不動産業者協会)発表の米3月中古住宅販売件数には警戒が必要だろう。住宅販売は消費者の景気見通しが反映されるうえ、リフォームをはじめとした関連需要に範囲が広がるため景気動向の先行指標となる。

 特に米国の中古住宅市場は新築住宅市場の約6倍とされ、雇用統計とならび重要度が高い。今回の市場予想の平均値は年率換算560万件と前月の548万件を上回るが、経済指標は事前予想に対しどのような結果となるかが重要。予想を大きく外れた場合など注意したい。

 その他の米経済指標は4月製造業・非製造業・総合PMI。企業決算はゼネラル・エレクトリック(GE)、ハネウェル インターナショナルなど。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:4月21日(金)18時52分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン