ここから本文です

〔NY外為〕円、109円台前半(21日朝)

4月21日(金)22時29分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】週末21日午前のニューヨーク外国為替市場の円相場は、1ドル=109円台前半で小動きとなっている。午前9時10分現在は109円05~15銭と、前日午後5時(109円26~36銭)比21銭の円高・ドル安。
 この日は早朝の段階で米経済指標の発表がなく、新規の手掛かり材料にも欠ける中、円相場は109円台前半の狭いレンジで推移している。
 ただ、フランス大統領選の第1回投票を23日に控えてやや警戒感もくすぶっており、安全資産とされる円が若干買われやすくなっている。また、週末に伴う持ち高調整の円買い・ドル売りも出ている。
 ユーロは同時刻現在、対ドルで1ユーロ=1.0700~0710ドル(前日午後5時は1.0712~0722ドル)、対円では同116円75~85銭(同117円08~18銭)。(了)

最終更新:4月22日(土)1時26分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン