ここから本文です

小松ウオールは年初来高値、18年3月期は営業益4割増を予想、増配も計画

4月21日(金)14時36分配信 サーチナ

小松ウオール工業は反発し、1月12日の年初来高値を更新。一時166円高(9.06%高)の1999円を付けた。
拡大写真
小松ウオール工業は反発し、1月12日の年初来高値を更新。一時166円高(9.06%高)の1999円を付けた。
現在値
小松ウオル 2,412 -6
 小松ウオール工業 <7949> は反発し、1月12日の年初来高値を更新。一時166円高(9.06%高)の1999円を付けた。
 
 20日引け後に開示した18年3月期業績予想で大幅な増益や増配を見込んだことが好感された。営業利益は29億円(前期比40.8%増)を予想し、配当計画は第2四半期末30円、期末35円の年間65円(前期は60円)とした。
 
 自社一貫システムを活かして多くの製品を迅速に提供。東京オリンピック開催に向けた建設計画が動き出す中、拡大する需要に対する着実な成果を上げるべく、経営の効率化を図る。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:4月21日(金)14時38分

サーチナ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン