ここから本文です

富士フイルムは年初来安値、17年3月期の決算発表を延期

4月21日(金)9時06分配信 サーチナ

富士フイルムホールディングスは反落し、2月1日の年初来安値を割り込んだ。一時160円安(3.85%安)の3995円を付けている。
拡大写真
富士フイルムホールディングスは反落し、2月1日の年初来安値を割り込んだ。一時160円安(3.85%安)の3995円を付けている。
現在値
富士フHD 4,209 -44
 富士フイルムホールディングス <4901> は反落し、2月1日の年初来安値を割り込んだ。一時160円安(3.85%安)の3995円を付けている。
 
 20日引け後、27日に予定していた17年3月期の決算発表を延期すると発表した。子会社である富士ゼロックスの海外販売子会社において、2015年度以前における一部リース取引に関わる会計処理の妥当性を確認する必要が生じたため、第三者委員会を設置して調査する。第三者委員会の調査結果は5月中をめどに報告される予定。
 
 なお、社内調査委員会の調査で現在までに判明している純利益に与える影響額は、累計で約220億円という。
(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:4月21日(金)9時08分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

フィスコ特別レポート第3弾

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン