ここから本文です

ジーエヌアイが急反騰、生体材料開発の米社買収、今期業績を一転黒字に上方修正

4月19日(水)9時26分配信 株探ニュース

ジーエヌアイ <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
ジーエヌアイ <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
GNI 480 -25
大日本住友 1,819 +7
エーザイ 5,850 +36
オンコセラ 233 +5
窪田製薬H 718 +1
 18日、ジーエヌアイ <2160> [東証M]が米子会社を通じて、バークレイ・アドバンスド・バイオマテリアル(BAB社)を7月に買収すると発表したことが買い材料視された。

 BAB社は人口セラミックやコラーゲン、移植組織など一連の生体材料(代替骨)の開発を手掛けている。16年12月期の売上高は16.6億円、最終利益は6.7億円だった。同社はBAB社が新設する子会社株式の70%を約65億円で取得し、連結子会社化する。買収により、生体材料の開発・販売事業へ進出し業容拡大を図るほか、財務基盤の強化にもつなげる考えだ。

 今回の買収を踏まえ、17年12月期の連結税引き前損益を従来予想の1900万円の赤字→2億6600万円の黒字に上方修正。従来の赤字予想から一転して黒字に浮上する見通しとなった。黒字化は2007年の上場以来初となる。

株探ニュース

ジーエヌアイとよく比較される銘柄:エーザイ <4523> 、OTS <4564> 、窪田製薬HD <4596> 、タカラバイオ <4974> 、大日本住友 <4506>

最終更新:4月19日(水)9時26分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン