ここから本文です

エコーTDは急反発、18年2月期は営業益41.3%増を計画

4月7日(金)11時46分配信 サーチナ

エコートレーディングは3営業日ぶりに急反発し、一時64円高(9.97%高)の706円を付けた。
拡大写真
エコートレーディングは3営業日ぶりに急反発し、一時64円高(9.97%高)の706円を付けた。
現在値
エコートレ 682 +3
 エコートレーディング <7427> は3営業日ぶりに急反発し、一時64円高(9.97%高)の706円を付けた。
 
 6日引け後、18年2月期業績予想を開示。営業利益は4億円(前期比41.3%増)を見込んだ。商品開発体制の強化、物流拠点の再編、業務の効率化などを推進する。17年2月期の営業利益は2億8300万円(前期は3億3100万円の赤字)だった。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:4月7日(金)11時46分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

証券口座比較

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン