ここから本文です

★香港前引け:4日続伸、朝高後に上げ幅縮める 金融株が堅調

3月21日(火)13時24分配信 トレーダーズ・ウェブ

 21日前場の香港株式市場でハンセン指数は4営業日続伸。前場終値は前日比0.23%高の24558.82ポイントだった。H株指数は0.63%高の10650.44ポイント。半日のメインボードの売買代金は概算で545億6700万HKドル。

 ハンセン指数は高く寄り付いた。序盤は上げ幅を広げ、3営業日連続で取引時間中の昨年来高値を更新したが、その後はもみ合いながら上げ幅を縮めた。このところ売買代金は高水準が続き、本土マネーの流入が加速しているとの思惑が地合いを支えている。一方、指数はこれまで4連騰で2015年8月以来、約1年7カ月ぶりの高値圏で推移しているだけに、目先の利益を確定する売りが出やすい状態。特段の買い材料に欠ける中、高値警戒感から上値追いの動きは限られた。

 個別では、アジア生保のAIAグループ(01299)や、中国本土系銀行の中国建設銀行(00939)、中国工商銀行(01398)、本土保険大手の中国平安保険(02318)など金融主力株が買われ、相場を支えた。一部都市での住宅購入制限策や住宅ローン規制の強化を嫌気して前日に下げた中国海外発展(00688)、華潤置地(01109)など本土不動産株が反発した。石油メジャーのシノペック(00386)、ペトロチャイナ(00857)も堅調。半面、決算発表をあすに控えるIT大手のテンセント(00700)が反落し、相場の足かせになっている。前日に高かった香港証券取引所(00388)や、マカオカジノの銀河娯楽(00027)、サンズ・チャイナ(01928)も売られた。自動車の吉利汽車(00175)は3営業日続落している。
千原由

最終更新:3月21日(火)13時24分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン