ここから本文です

香港寄り付き:続伸スタート後、プラス圏でもみ合う

3月21日(火)10時44分配信 トレーダーズ・ウェブ

 21日の香港市場で、ハンセン指数は続伸で寄り付いた後、プラス圏で小動き。香港市場への本土マネーの流入が加速しているとの思惑が地合いを支えている。ただ、前日終値が2015年8月10日以来約1年7カ月ぶりの高値を付けただけに、利益確定売りも出やすい状況。指数は日本時間午前10時43分現在、前日比0.26%高の24565.08ポイントで推移。個別では、アジア生保のAIAグループ(01299)、石油メジャーのシノペック(00386)、通信キャリア大手のチャイナ・モバイル(00941)が買われ、指数を押し上げた。半面、前日に高かった石炭の中国神華能源(01088)が安い。IT大手のテンセント(00700)も反落し、相場の重荷となった。
千原由

最終更新:3月21日(火)10時44分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)



IPO情報なら、無料でもご利用いただける
株式情報サイト『トレー ダーズ・ウェブ』がお勧め!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン