ここから本文です

アスカネットが大幅反発、海外展示会のAI出展内容を発表

3月21日(火)10時43分配信 株経ONLINE

(写真:株経ONLINE)
拡大写真
(写真:株経ONLINE)
現在値
アスカN 1,795 -14
 アスカネット <2438> が大幅反発。この日、同社のエアリアルイメージング(AI)事業に関して、3月から6月にかけて予定している海外展示会の出展内容が確定したと発表しており、海外におけるビジネスチャンス拡大を期待した買いが入っている。

 これによると、「PPAP」のパフォーマンスを空中でリアルに実現できる「DS976-CU」や、地球を回転させ好きな場所のクリックでその地域の観光動画を見ることができる「DS976」、3Dの商品(時計、カメラ、スニーカー)を拡大・縮小・全方向回転して見ることができる「DS488」などサイネージ系、操作系7種類を展示するという。また、この日からAI事業の海外向け専用ウエブサイトもオープンしたとあわせて発表しており、これも好材料視されているようだ。

最終更新:3月21日(火)10時43分

株経ONLINE

 

情報提供元(外部サイト)

株経ONLINE

株経ONLINE

みんかぶ

市場を知り尽くしたベテラン記者が、
ホットな証券・金融ニュースを中心に
経済の"鼓動"をリアルにお伝えします。

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン