ここから本文です

10時30時点の日経平均は102円安、黒字転換が好感されオハラが急伸

3月21日(火)10時38分配信 フィスコ

現在値
東芝 292 +3
ファナック 27,560 +80
トヨタ 6,917 -45
任天堂 44,830 +40
三菱UFJ 743.1 +4.4
10時30分時点の日経平均は前週末比102.83円安の19418.76円。TOPIXは前週末比4.70pt安の1561.15pt。

業種別では売りが優勢。下落率トップは前週末比1.68%安で保険業。ソニーFH<8729>やT&DHD<8795>などの下げが目立つ。その他、証券、鉄鋼、その他金融、銀行、倉庫運輸などが下落率上位に続いている。一方、上昇しているのはその他製品を筆頭に、水産農林、食料品、パルプ紙など10業種。

東証1部の売買代金トップは任天堂<7974>。その他、ソフトバンクグ<9984>、三菱UFJ<8306>、トヨタ自<7203>、みずほ<8411>、三井住友<8316>、ファナック<6954>、東芝<6502>などがランキング上位に続いている。

東証1部の騰落状況は値上がり885銘柄、値下がり956銘柄。値上がり率上位銘柄は、オハラ<5218>、フィードワン<2060>、GMOクラウド<3788>、ムゲンエステート<3299>、ユニデンHD<6815>など。オハラは17年10月期の第1四半期が営業黒字転換となったことが好感され、前週末比9%高に。住友不<8830>がTOB(株式公開買い付け)により完全子会社化すると発表している住友販売<8870>はTOB価格にサヤ寄せする格好でストップ高買い気配となっている。

一方値下がり率上位は、北の達人<2930>、タカタ<7312>、FPG<7148>、タカラレーベン<8897>、DIT<3916>など。北の達人は、本日から信用取引の日々公表銘柄に指定され前週末比6%安となっている。

《WA》
株式会社フィスコ

最終更新:3月21日(火)10時38分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン