ここから本文です

東芝が続伸、台湾中央気象局向け気象レーダーを受注

3月21日(火)11時24分配信 モーニングスター

現在値
東芝 228.2 +8.8
 東芝 <6502> (監理)が続伸、一時6.9円高の197円まで買われている。同社は21日、台湾中央気象局が台南市七股区に設置する気象レーダーに関し主契約者のスペインGECI社、台湾ハイバウンド社と3社共同で受注したと発表した。東芝としては初の台湾における気象レーダー受注で、19年に稼働する予定。

 受注したのは気象観測目的としては世界最大規模の直径8メートルを超えるアンテナを持つ、S帯固体化二重偏波気象レーダー。半径約400キロメートルの降雨観測が可能で、東芝が気象レーダーを提供、GECI社はシステムインテグレータとして全体を取りまとめ、ハイバウンド社は現地工事を実施する。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月21日(火)11時24分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン