ここから本文です

タクミナが急反発、17年3月期での記念配当実施を好感

3月21日(火)10時39分配信 モーニングスター

現在値
タクミナ 1,590 -98
 タクミナ <6322> が6日ぶりに急反発し、一時98円高の1978円を付けている。前週末17日引け後、17年3月期の期末配当で記念配当を実施すると発表、好感された。

 同社は17年10月16日に上場20周年を迎えることから、5円の記念配当を実施するとした。これにより期末配当は、普通配当20円と合わせ25円(前期実績25円)とし、中間期配当10円を合わせた年間配当は35円(同35円)となる見込み。

 午前10時39分時点の株価は、前週末比91円高の1971円。

提供:モーニングスター社

最終更新:3月21日(火)10時39分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン