ここから本文です

石原氏が小池知事に「恨み節」を繰り返す理由

3月21日(火)9時02分配信 東洋経済オンライン

3月20日、豊洲移転問題百条委員会で証言を行う石原慎太郎・元東京都知事(写真:Natsuki Sakai/アフロ)
拡大写真
3月20日、豊洲移転問題百条委員会で証言を行う石原慎太郎・元東京都知事(写真:Natsuki Sakai/アフロ)
 「私が(知事時代に)地下水について非常に厳しい基準を設置したことは間違いない。ハードルが高すぎたのかもしれない。しかし小池知事は基準にとらわれずに都民のことをまず第一に考え、豊洲への移転を実行してもらいたい。地下水に問題があるかもしれないが、こんなもの今の技術でもって、濾過してポンプアウトしたらいいのではないか。海に捨てたなら。その地下水で(豊洲市場の)床を掃除したり魚を洗ったり使うわけではない。いったい何の害があるのか」

 3月20日に行われた豊洲市場の移転問題を検証する調査特別委員会(百条委員会)で、石原慎太郎元東京都知事は都議会共産党の曽根はじめ委員の質問に対し、高揚した様子でこう答えた。気色ばんでしまったのは、小池百合子東京都知事への批判の意味を含んでいたからだろう。

■もともと2人の関係は悪くなかった

 昨年7月の都知事選以来、鋭い対立を見せている石原氏と小池知事。その原因は石原氏が自民党東京都連が推薦した増田寛也元総務大臣を応援した時、小池知事を「大年増の厚化粧」と揶揄したこととされている。だが理由はそう単純ではない。

 もともと石原氏と小池知事との関係は悪くなかった。石原氏が1968年の参院選に初出馬した際には、小池知事の亡父・勇二郎氏が応援している。よってもう50年の付き合いだ。小池氏が環境大臣時代には都知事だった石原氏が花粉症対策の陳情に訪れ、なごやかに談笑している映像も残っている。

 ではなぜ2人は今、これほどまでに対立して見せるのか。

総理大臣への道

 それは石原氏の長男・伸晃氏の存在が原因だろう。子煩悩として知られる石原氏だが、その実態は「親バカ」と言ってもいいくらいだ。石原氏は伸晃氏が総理大臣になり、自分の果たせなかった夢を実現してくれることを期待している。

 そのために次期領袖になることを含めて伸晃氏を青嵐会(1973年に石原氏が派閥横断的に結成した保守派議員の政策集団)の同志だった山崎拓氏に託し、山崎派に入会させた。自民党東京都連の重鎮である内田茂都議とも握り、伸晃氏を都連会長・内田氏を幹事長とした体制を10年間も続けさせた。石原氏は父親として着実に「総理への道」を拓いてやっていた。

 そのような伸晃氏の前途に立ちはだかったのが、2005年の衆院選で兵庫6区から東京10区に移った小池知事だ。1992年の参院選で政界入りした小池氏は、1990年の衆院選初当選の伸晃氏よりも政治キャリアは2年短いものの、当選回数では同じになる。

 また伸晃氏は国土交通大臣や環境大臣を歴任し、党務の幹事長と政調会長をも務めたが、小池知事も環境大臣や防衛大臣を歴任。党務でも女性初の総務会長を務めるなど、順調に出世していた。

■2008年の総裁選でも大差

 ともに出馬した2008年の自民党総裁選では、小池知事が46票を獲得して37票の伸晃氏を大きく引き離した。しかもこの時、小池氏の地方票はゼロだったが、実際に獲得した党員票数では当選した麻生太郎元首相に次いで多かったといわれている。

 そして伸晃氏が出馬した2012年の総裁選では、同じ東京都連所属にもかかわらず、小池知事は伸晃氏を応援せずに石破茂氏を支持している。この時にはすでに、石原家と小池家との間には溝があったと見てとれるだろう。

 よって百条委員会では、その小池知事が率いる「都民ファーストの会」の音喜多駿委員の質問になると、石原氏はさらにヒートアップしている。

石原氏の文明論とは?

 「なぜ豊洲を放置するのか。膨大な保障費を払っているが、これは都民の税金だ。これは(政治の)不作為に値するのではないか」――。このように豊洲移転を渋る小池知事を厳しく批判するとともに、石原氏は持論の文明論を展開したのだ。

 「そしてあなた、大事な問題だが、安全と安心の問題は豊洲だけの問題ではない。また東京都の問題だけでもない。これは一種の文明論であって、一方に科学があり、一方に人間の心がある。このふたつの要素に相克がある限り、この問題はなかなか終わらない。つまり我々は全能であるわけではない。科学も含めて全能ではないので、そういうものを踏まえた上で折り合いというものを考えなければならない。せっかくおカネを使って建設した市場は、都民のために使うべきだと私は思う」

■「屈辱を晴らすためには一命を賭す覚悟」

 健康上の見地からわずか1時間(休憩時間を除く)となった石原氏の証人喚問だが、小池知事への批判になると石原氏の顔は生気にあふれ、言葉はスラスラと出てきている。というのも、今回出頭した目的は、小池知事から「逃げた」と言われた屈辱を晴らすためなのだ。文藝春秋4月号の寄稿において、石原氏は「この屈辱を晴らすためには一命を賭す覚悟もある」と述べている。

 一方で石原氏の陳述を聞いた小池知事は「(土壌の環境基準は)石原都政から決まっていたことだ。私がハードルを上げたわけではない。その基準を判断して、延期を決めた」と記者団に語り、混乱の原因は石原氏にあると示唆した。

 石原氏対小池知事の闘いはこれで終わらない。都議会の各会派は都議会自民党を除き、石原氏の再度の出頭を希望している。そして小池知事も豊洲市場移転問題を7月の都議選の主要論点にし、都民を引き込んで石原氏の責任追及を続けるつもりだ。

 小池都知事には「追い風」が吹いている。専門家会議が3月19日、地下水再調査の結果、最大で環境基準値の100倍のベンゼンと、3.6倍のヒ素が検出されたことを発表した。地上部はコンクリートで覆われているため「安全」と判断されているが、小池知事は「安心」ではないというわけだ。感覚・感情の点で、小池知事の主張のほうが受け入れられやすいことは間違いない。両者が一歩も譲らない怨念の対決は、まだしばらく続きそうだ。
安積 明子

最終更新:3月21日(火)9時05分

東洋経済オンライン

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン