ここから本文です

ユーロイメトレ=ギリシャ追加支援協議を見極める展開

3月21日(火)12時55分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ユーロドルは、ユーロ圏財務相会合までにギリシャへの追加支援策の決着が着かなかったことで、欧州連合(EU)理事会での協議を見極める展開となる。米10年債利回りが低下基調にあること、G20声明では貿易不均衡是正圧力が表明されたこと、フランス大統領選に向けてマクロン前仏経済相の優勢が伝えられていることはユーロ買い・ドル売り要因となる。売りオーダーは1.0780ドル、1.0800ドル、1.0900ドル、NYカットのオプションは1.0600ドルに控えている。テクニカル分析では、一目均衡表で三役好転の強い買いシグナルが点灯している。ユーロ円は、ギリシャへの追加支援協議や朝鮮半島の地政学的リスク回避の円買いで上値は限定的か。

・想定レンジ上限
 ユーロドルは2月2日の高値1.0829ドル、ユーロ円は3月13日高値の122.89円が上値めど。

・想定レンジ下限
 ユーロドルは日足一目均衡表・転換線の1.0654ドル、ユーロ円は日足一目均衡表・基準線の120.57円が下値めど。
山下

最終更新:3月21日(火)12時55分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン