ここから本文です

ソレキアはストップ高買い気配、富士通が1株3500円でTOB、フリジアマク会長に対抗

3月17日(金)11時12分配信 サーチナ

ソレキア(監理)は500円ストップ高の3230円買い気配。
拡大写真
ソレキア(監理)は500円ストップ高の3230円買い気配。
現在値
Fマクロス 24 +1
富士通 861.8 -4.8
ソレキア 6,200 -190
 ソレキア <9867> (監理)は500円ストップ高の3230円買い気配。16日引け後、富士通 <6702> が1株3500円でTOB(株式公開買い付け)を実施し、ソレキアを完全子会社化すると発表した。買付期間は4月28日まで。
 
 ソレキアに対してはフリージア・マクロス <6343> 会長の佐々木ベジ氏が2月3日にTOBを発表。佐々木氏は1株2800円で最大42%の取得を目指すとしたが、ソレキアは反対を表明していた。
 
 なお、16年9月末現在で富士通は2%強、フリジアマクは4%強を保有するソレキアの株主。(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:3月17日(金)11時56分

サーチナ

 

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

株主優待特集

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン