ここから本文です

16日のPTS市場=三精テクノや新家工などが値上がり率上位

3月16日(木)19時38分配信 モーニングスター

現在値
北の達人 747 +100
ドリコム 1,439 -49
クラウドW 1,092 -60
JMC 2,200 -55
三精テクノ 1,052 +8
 16日のPTS(取引所外取引)市場では、17年3月期の連結業績予想と配当計画を上方修正した三精テクノ <6357> や新家工 <7305> が急伸した。17年10月期第1四半期の連結決算で営業利益が前年同期比45%増となった小林産 <8077> も堅調。

 3月31日を基準日として普通株式1株を2株に分割するドリコム <3793> も高く、スリランカで再生可能エネルギー事業などを展開するDavora社が発行予定の転換社債などを引き受けると発表したトレイダーズ <8704> なども買われている。

 通常取引でストップ高を演じた北の達人 <2930> などもしっかり。

 半面、ファナック <6954> 、クラウドW <3900> 、JMC <5704> などは値下がり率上位。

【値上がり率上位】
(1)三精テクノ <6357>
(2)新家工 <7305>
(3)ドリコム <3793>
(4)SEH&I <9478>
(5)小林産 <8077>

【値下がり率上位】
(1)ファナック <6954>
(2)クラウドW <3900>
(3)JMC <5704>
(4)メガネスーパー <3318>
(5)ネオジャパン <3921>

◎午後7時30分現在
情報提供はSBIジャパンネクスト証券

提供:モーニングスター社

最終更新:3月16日(木)19時38分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン